毎日のご飯の写真と献立

手作りハンバーグ60人前(1人前110g)

ふわふわハンバーグ👍🏼

ハンバーグ大量調理をする際、誰もがふわふわでジューシーな味わいを目指しますよね。手作りハンバーグを60人前(1人前110g)調理する方法や、ポイントとなる材料、作り方についてご紹介します。ハンバーグは、肉の旨味と調味料が絶妙に合わさった人気のメニューです。この記事では、ハンバーグの魅力や作り方を詳しく解説していきます。ハンバーグ大量調理を成功させるコツを押さえて、おいしいハンバーグ作りを楽しんでみてください。

ハンバーグとは

ドイツの「タルタルステーキ」がアメリカに渡り「ハンブルク風ステーキ(ハンバーグステーキ)」と呼ばれるようになったのが、現在の日本のハンバーグの原型であると考えられています。日本にいつ、どこから入ってきたという正式な記録は残っていません。文明開化とともに肉食が広まるとともに、洋食レストランではハンバーグらしきメニューが並ぶようになりました。

一般家庭で作られるようになったのは、1950年中頃ともいわれています。

当時、肉は高価な食べ物でつなぎを足すことでかさを増しすることができるしので重宝されたみたいですね。

近年では、安価な肉をよりおいしく食べられるため、一般家庭では定番のおかずとして考えられています。

また、1960年代にインスタント食品の流通とともに、レトルトハンバーグも工場で作られ、売り出されたことも、ハンバーグを一般的な料理にする後押しをしたと考えられています。

材料

  • 合い挽き    4k
  • 玉葱      2k
  • 玉子      10個
  • 牛乳 500ml 1本
  • ナツメグ    10g
  • ケチャップ   220g
  • 胡椒      少々
  • 塩       少々
  • おろしにんにく 少々
  • パン粉     330g

作り方

①パン粉を牛乳に浸けておく

②、①にケチャップを入れる

③合い挽きをボールの下に氷をあてながら混ぜる(手のぬくもりで脂が溶けないようにするため)

④、③に後の材料を混ぜる

⑤、④を110gづつに分ける

⑥、⑤をフライパンで両面を焼く

一度焼き色付けることでスチコンにかけてもきれいなハンバーグに仕上がります。

一から手つくりしています。

⑦焼いたハンバーグをスチコン温度180度、蒸気量50%、芯温80度まで焼く(後から炊く場合は芯温75度まで焼く)

お好みのソースで炊く(左・ホワイトソース、右・デミグラスソース)

⑧お好みソースを入れ、スチコン温度120度、蒸気量80%、時間20分間かける

⑨出来上がり😋

ポイント

合い挽き肉の赤身具合で少し硬さが変わることもありますので、練っているときに硬ければ牛乳に浸したパン粉を足して硬さを調節してくださいね(^▽^)/

タレは・・・デミソース、照り焼きソース、トマトソースなどをかけて出来上がりです。

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。