毎日のご飯の写真と献立

ホットプレートで深川めし

普通じゃ面白くないのでホットプレートで出来上がるまでの香りや音を楽しんでください。

某テレビ番組で放送していた深川めしを見て

無性に食べたくなって作りました。

時短で普通は浅利を水と酒で湯がいて出汁をとるのですが

そのまま入れちゃいました(^▽^)/

深川めしとは

江戸っ子の漁師が食べていたという、東京・深川の郷土料理です。

現在は炊き込みご飯にあさりが入っているものも「深川飯」と呼ばれています。

5人前の材料

  • 米5合
  • 浅利3p
  • 牛蒡1/2本
  • うす揚げ2枚
  • 人参1本
  • 白ネギ1本
  • 創味つゆ

作り方

①浅利を洗い、50度くらいのお湯につける(時間がないときには便利ですよ、すぐ砂を吐きます)

②牛蒡、薄揚げ、人参、白ネギを角切りする【白ネギが写ってない💦】

③水900㏄、創味つゆ100㏄を混ぜておく

④、①②③をホットプレートに入れ、温度160度ブクブクするまで蓋をして炊く

⑤、④の温度を140度にして10分~15分くらい炊くと、ジュクジュクって音からパチパチって音にかわってきます。

お子さんのおられる家庭では、家族みんなで音の変化などを聞いて楽しんでくださいね

⑥、⑤を15分蒸らすと出来上がり❣❣

浅利の出汁が出ておこげもできめちゃうまい😋!!

まとめ

みんなでホットプレートを囲むだけで美味しく思えますね(美味しいんですけどね💦)

近年コロナで自宅でご飯を食べることが多くなりました

この機会に是非ご家族で作ってみてください(⌒∇⌒)

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。